四国最長の大河四万十川。不入山(1336メートル)の東斜面に源を発し、主な支流35、支流総数318、全長196km、流域面積2270km。四国西南地域をくねくねと大きく蛇行しながら、落差のない流れとなって、旧窪川町(現四万十町)、旧大正町(現四万十町)、旧十和村(現四万十町)、旧西土佐村(現四万十市)をへて、四万十市下田で太平洋に注ぐ。渡川水系の本流で、本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」、柿田川・長良川とともに「日本三大清流のひとつ」と呼ばれています。
【日本最後の清流・四万十川の地酒】『無手無冠』の純米酒粕 2kg入り

人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : 土佐の地酒専門店 【地酒屋】
発売日 :

価格:500円
納期:

無手無冠の生酒シリーズ、無手無冠純米生の酒。四万十の大地で、蔵人が有機肥料で育てた稀少な無農薬米だけを原料に、丹念に手造りしたこだわりの純米酒の搾りかすを一ヶ月間冷蔵熟成させた純米酒粕です。板粕のように硬くはなく弾力のあるやわらかさです。使用方法は、甘酒や粕汁や粕漬けなど用途は未知数!!店長のおすすめは『酒粕おでん』です!粕汁のようにおでんのおだしに酒粕を溶いてください。芯から冷えるような夜には、この酒粕おでんと日本酒で乾杯!!※『無手無冠純米酒粕』は上槽(搾り)後、熟成。熟成されて米の旨みが凝縮し、酒粕はほんのり“薄ピンク色”。無添加ですので市販の大量生産されている酒粕とは全然違います!生で食してもおいしい酒粕。安心してお召し上がりくださいね!!【ダバダ火振】醸造元・無手無冠、土佐の地酒内容量2kg原料無手無冠 純米生の酒原材料名米(ひのひかり)、米麹(風鳴子)保存方法要冷蔵製造元無手無冠(高知県高岡郡四万十町)無手無冠の宇宙酒はこちら!!無手無冠の栗焼酎はこちら!!【セット商品】はこちら!!■粕汁(かすじる)の作り方だし汁に大根・人参・こんにゃく・油揚げなどの短冊切りと、魚・豚肉などを加えて煮ます。煮あがったら、だし汁に浸しやわらかくなった酒粕(汁)を加えて沸騰させ、しょうゆ・味噌・または塩で味を調えてお召し上がりください。※お味噌汁にスプーン1杯の酒粕を入れるとおいしいですよ!また、肌のお手入れ等にもご使用ください!

 
 
 
売れ筋商品
このページの情報は
2010年9月11日7時18分
時点のものです。

このページのトップに戻る
このサイトは楽天市場、電脳卸のウェブサービスによって実現されています。